出産祝いは、いつ贈ればいいの?贈る時期を解説。

出産祝いはいつ渡す?おすすめの贈る時期について解説。

兄弟姉妹や友人が出産したら、嬉しくて早く出産祝いを渡したくなるものです。しばらく経ってからお渡しするのが良いのか?どんな気遣いが必要なのか?など、詳しく説明します。

一般的には、出産祝いを贈るのは生後7日後から生後1ヶ月とされています。

出産祝いを贈る時期の目安は、お七夜からお宮参りの間が目安となります。

(生後7日目の夜はお七夜と言います。かつては、お七夜には、赤ちゃんの名前を命名し、父方の祖父が主催して親類や嫁の実家を招いてお祝いをするといったことが行われていました。今は、このようなことはほとんど行われず、命名書を毛筆でしたため神棚にお供えするといったことが行われます。命名書は、基本的には神棚に飾りますが、最近ではベビーベッドの近くに貼ったりもします。7日目といえば、産院から退院したばかりのころです。この時期にお祝いをするということは、出産後のママにとっては体力的にも精神的にもつらいといったこともあります。お宮参りなどと比べてあまり知られていない行事だけに、最近は行わないというかたも多くいらっしゃいます。)

生後1カ月後といえば、お宮参りの時期です。

中には、とても親しい間柄のかたに、入院中にお祝いを持参したり、病院にお祝いを送るかたもいらっしゃいます。仲の良い兄弟や姉妹への出産祝いギフトとしておむつケーキを贈られて、病室に飾って頂いたことはしばしばあります。病室が華やかになり、とっても喜んで頂けます。

妊娠の知らせを受けたおじいちゃんやおばあちゃんが、出産準備から手伝う気持ちで、マタニティウェアやベビーベッドなどをお贈りすることも多いようです。

しかし、特に親しい間柄でなければ、生後7日過ぎて贈られることが望ましいです。出産後1週間近く入院しているかたもいらっしゃいますので、7日では早すぎる場合があります。2~3週間後がおすすめです。

出産されたかたにとって、お宮参りの時期は、出産内祝いの用意を始める時期です。この時期を何カ月も過ぎますと、出産祝いを頂くたびに内祝いを用意することになります。先様の負担にならないよう、1ヶ月を目安にお贈りするとよいでしょう。

出産祝いが遅れてしまった場合は?

もし、贈る時期をのがしてしまったら、お祝いの言葉とともにお詫びの言葉を添えてお贈りするとよいでしょう。他にいろいろとお祝いを頂いているはずなので、いくつあってもよいような必需品や、少し大きくなってから着れるお洋服などがおすすめです。半年ほど過ぎてしまったらハーフバースデー、1年近くたってしまったらお誕生日といった、節目に合わせて贈られるのがおすすめです。おむつケーキなら、MサイズやLサイズのおむつをお選びください。

ラルフローレンのおむつケーキ

出産祝いに贈るおむつのサイズは?おすすめサイズのご紹介。

出産祝いに、おむつを頂いたという経験があるかたもいらっしゃると思います。

お子さんがいらっしゃるママなら、おむつのことはよくご存じかと思いますが、そうでない場合、おむつについてよく知らないかたが多いでしょう。

今日は、赤ちゃんが使うおむつのサイズについて、そして、おむつケーキをお贈りする時に選ぶ、おすすめのおむつのサイズについて、ご紹介します。ラグーン店では、上質なパンパースを使用していますので、パンパースについてお話します。

ラグーン店では、通常、パンパースのSサイズでおむつケーキをお作りしています。

~パンパースSサイズとは?~Sサイズは、

4~8kgの赤ちゃん用のおむつです。

出生時に4kg以上(4000g)となると、とっても大きくてびっくりされる赤ちゃんの重さです。厚生労働省の、最新のデータでは、

2.98kg(男の子)、2.91kg(女の子)が出生時の平均です。

4kgになるのは、約1か月の赤ちゃんです。(平均値)

6kgを超えるのは、男の子も女の子も、3~4ヶ月の時です。(平均値)

8kgを超えるのは、男女とも、8~9ヶ月の時です。(平均値)

パンパースのSサイズは、約1ヶ月~8,9ヶ月の赤ちゃん用のおむつです。もちろん、大きな赤ちゃんや、とっても小さな赤ちゃんもいますので、一概には言えませんが、参考になるかと思います。

おむつケーキを贈る場合は、出産祝いに、生まれたばかりの赤ちゃんにプレゼントして、しばらくお部屋に飾って頂けます。赤ちゃんが成長するまで眺めて頂けるので、Sサイズをおすすめしています。新生児サイズは、すぐにおむつをお使い頂きたい場合に出産祝いとしてお贈りします。(備考欄にお書き頂ければ、新生児サイズもご用意させて頂いています)

ラグーン店では、パンパースのMサイズやLサイズ、パンツタイプなども取り扱っております。(サイズUPお値段は変わらず、枚数が減ります。パンツタイプは有料になります)備考欄でお申し付けくださいませ。

商品等の詳細は、おむつケーキ、出産祝いのラグーン店まで。

パンパースのサイズ

 

 

 

 

 

【出産祝い】消耗品かずっと使えるものか、あなたはどっち?

出産祝いを用意する時、「ずっと使える物」にするか「消耗品」にするか、迷われる方はいるかと思います。

ご出産のお祝いとして記念に残るものをあげるのも良いでしょうが、消耗品であっても実用的なものである方が喜ばれるとも考えられます。そこで、出産祝い品の選び方や双方のメリットについて紹介していきます。

消耗品は家計の手助けになる

出産祝いに消耗品をプレゼントすると考えると、味気ないように感じるかもしれませんが、実は貰い手としては喜ばれるプレゼントの種類です。

「おむつ」や「おしり拭き」などが例としてあげられますが、これらの商品は赤ちゃんが大きくなるまで毎日使う物ですので、どれだけあっても困る事はありません。

むしろ、ご家庭としては家計の手助けになるプレゼントなため、人によっては形として残る記念品よりも嬉しいと考える事もあるでしょう。

失敗しないずっと使える贈り物

 

出産祝いでずっと使えるものをプレゼントするとなると、高価なものであったり、使い道がない記念品だったりするものをイメージされるかもしれません。

しかし、そういう物ばかりではありません。大切なのは「ずっと」というのがどれくらいの期間であるかという事です。

オムツやお尻ふきは消耗品ですが、ベビー服はどうでしょうか。

一度や二度で使えなくなりませんし、半年や1年くらい使う人も多いです。

ずっと使えるかどうかで考えると商品の幅が狭まるので、長く使えるかどうかで考えてみてはいかがでしょう。

大型家具のプレゼントは避けるべき?

せっかくの出産祝いなら、ベビーベットやベビーカーなどの大型なプレゼントが良いのではと考える事もあると思います。

結論から言うと、大型家具のプレゼントはあまりおすすめしません。

というのも、ベビーベットなどの大きな物は、自宅の雰囲気や間取り、さらに好みがはっきり分かれやすいです。

もっと言えば、ベビーベットは案外長く使わず、すぐに荷物になってしまう事があります。

そのため、購入ではなくレンタルを利用する方が多いのもその理由です。

プレゼントでもらったものなので処分したりリサイクルショップに売ったりしづらいですので、気を遣わせないという意味でも大型の物は避ける方が良いです。

素直に欲しいものを聞くのは失礼?

いざ、出産祝いのプレゼントを選ぶとなると、なかなか決められない人は多いはずです。

喜んで欲しいけどいらないものを渡しても仕方がないと思い、慎重になってしまう事もあるでしょう。本当に困った時、直接夫婦に欲しいものを教えてもらうのも良いです。

サプライズ感が弱まってしまいますが、実際には聞いてから祝い品を買ってあげた方が失敗する事はありません。

ただ、何が欲しい?と聞いても、ほとんどの場合は遠慮して安いものしか希望する事ができないでしょう。

そうならないためにも、何個かプレゼントの候補を用意しておき、その中なら何が欲しいか聞くような方法ですと、貰い手も遠慮せずに答えられます。

二人目の出産で変わる祝い品

祝い品は今回の出産が一人目なのか、二人目なのかといった事で用意するべきものが変わります。

たいてい、ご夫婦は一人目の出産時に張り切ってたくさんベビー用品を買い揃えますし、周囲からのお祝い品をたくさんもらう人もいるでしょう。

二人目の場合、一人目のお下がりをそのまま使い回すという事がありますので、プレゼントに向かない商品はいくつかあります。

例えば、ベビー服や哺乳瓶などがあげられます。

ベビー服は同じ性別で生まれてきたのであれば、お下がりで使うでしょうし、仮に性別が違かったとしても、二人目となるとこだわりが増している可能性もあります。

また、哺乳瓶などのような保管しやすいものは、処分せず残している場合があるのです。

もちろん貰って嬉しくない事はないでしょうし、使う事はできますが、わざわざ二個もいらないと思うかもしれません。

二人目の場合は、やはり消耗品がおすすめでしょう。オムツなどの毎日必要とする物はもちろん、汚れやすいお食事エプロンやよだれかけも良いです。二人目となると子供にお金がかかるという事は身を以て体験していますので、消耗する品だったとしても、ありがたみを感じてもらえるはずです。

ちなみに、二人目でもずっと使える物でおすすめなプレゼントもあります。

二人目となると当然兄弟となりますので、二人で遊べるおもちゃや絵本など、実用性のあるものがおすすめです。

絵本はかぶってしまう可能性もありますが、今話題のものを選べば比較的安心でしょうが、やはり本人にどういった絵本やおもちゃが良いのか確認しておくとより安心でしょう。

ずっと使える記念に残るプレゼント

ずっと使えるだけでなく、記念に残るプレゼントとして、フォトフレームはオススメのお祝い品でしょう。フォトフレームはシンプルなものから、高価なものまで種類が豊富です。

赤ちゃん一人に対してたくさんあっても仕方がないものかもしれませんが、2個や3個程度であれば手元にあったとしても困るものではありません。

シンプルに一枚の写真を入れられるタイプだけでなく、定期的に変えたり、複数枚入れられたりするタイプなど、今はフォトフレームの種類が豊富です。

 

また、現像した写真を入れる一般的なフォトフレームではなく、今時のものとしてはデジタルフォトフレームもおすすめです。写真を入れ替えるのが簡単で、スライドショーで表示する事もできるので、いろんな写真を楽しめます。

さらに画像だけではなく、ムービーを流す事もできたり、音楽を再生できたりする機能もありますので、様々な用途があります。

Wi-FiやBluetoothでスマートフォンから簡単に写真を送る事ができ、使い方は簡単です。

出産祝いで現金はあり?

 

出産の祝い品が選びきれない場合、いっその事「現金」で渡した方が喜んでくれるのでは?と考える方もいる事でしょう。

実際のところ現金をお祝いとして渡すケースは少なくないようで、赤ちゃんが生まれると何かと出費がかさんでいきますので、やはり喜ぶ人は多い事でしょう。

そうすると次に考えるべき事はいくら渡すかです。少なすぎず多すぎない、相場の金額をチェックしましょう。

金額はどういう関係なのか、親しさやお住いの地域など様々な要素が絡んできますので、前もって失礼のない金額を調べておく事をおすすめします。

素直に嬉しい使い続けられる高額商品のプレゼント

出産のお祝いでプレゼントを贈る側としては、できる限り喜んでもらいたいものです。

使い続けられるものの中でも、比較的高額商品で喜んでもらえるプレゼントとしては「抱っこ紐」があげられるでしょう。

それなりに赤ちゃんが大きくなっても使われる事がありますので、長く使用していけるおすすめのプレゼントです。抱っこ紐の特徴として、意外に価格が高い事です。

はじめに用意するベビー用品の中でも出費としては大きい物と言えます。

 

抱っこ紐をプレゼントする場合、注意点としては夫婦が先に買っていない事です。

抱っこ紐はご自身で用意する事が多い為、早めに用意しなければ二つになってしまいます。

二つあっても問題はありませんが、基本的に一つで十分なアイテムなので、サプライズするよりは、先に希望を聞いてプレゼントした方が良い商品です。

おむつはサイズを考えてプレゼント

おむつはプレゼントに人気の品物です。

今ではオムツケーキのようなプレゼントが流行していますが、おむつを送る際の注意点があります。基本的に消耗する商品に関してはたくさんあっても困らない事の方が多いです。

しかし、サイズを考えてプレゼントしてあげると、さらに喜んでくれます。

というのも、出産のお祝いとなると、ほとんどの方は「新生児用」を用意する事でしょう。

当然、ご家庭で用意されている分もありますし、他にも同じくおむつをもらう事もあるかと思います。

そうした場合、すべてが新生児用ですとサイズがすぐに合わなくなり、結果的に余ってしまう事も十分にあるのです。せっかくお祝いとしてもらったものを処分するのは辛い事でしょうし、やはりもったいないのは避けたいです。

ちょっと気を配るのであれば、サイズを何種類かに分けてプレゼントしてあげる方がさらによろこんでくれるでしょう。

赤ちゃん向けでなくても良い

出産のお祝いというと、どちらかというと赤ちゃん向けのお祝い品をイメージされるかと思いますが、お母さん向けを用意してもよいでしょう。

例えば夫婦で選んでもらうよう、カタログギフトをプレゼントしても良いですし、ノンカフェインの紅茶セットや、ボディケア用品のセットなどもおすすめです。ただ、お母さん向けのプレゼントだけではなく、赤ちゃん用のプレゼントで物足りなさを感じた時は、別に買い足してあげると良いかもしれません。

まとめ

ご出産のお祝いとなると、あげる側としても気合を入れて商品を選びたいものです。

せっかくなら喜んでもらいたいので、使わないものをあげてがっかりされないよう気をつけたいものです。消耗品は家計を助けるプレゼントにもなりますので素直に喜んでもらえますが、おむつをあげる場合にはサイズやデザインなど、配慮できるところは気を配りましょう。

また、ずっと使い続けられる商品を贈る場合には、処分に困らない物にし、高額商品を買う場合には前もって欲しいものをリサーチしておく事が望ましいです。

その人にとって一生のうちに何度もない記念となりますので、プレゼントするにしても失礼のないようにする事も大切です。最低限、男の子なのか女の子なのか、一人目なのか二人目なのかというような、チェックしておくべきところはしっかり確認し、お互いに嬉しくなれるようなプレゼントを贈りましょう。

出産祝いはいつ贈ろう?渡し方やタイミングについて解説!

友人や親戚のお宅で子供が生まれた場合、出産祝いを贈ることがありますが、渡し方やタイミングはいつがベストなのでしょうか。

今回は、出産祝いを贈る際の渡し方やタイミングについて、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

出産祝いはいつ贈る?

基本的に、出産祝いをいつ贈るのかというと、生後7日後からお宮参りをする生後1ヶ月がベストのタイミングと言われています。

生後7日後には、命名書を飾ってお祝いをする「お七夜(おしちや)」が行われ、生後1ヶ月後には、神様に赤ちゃんの誕生報告と健康祈願として「お宮参り」が行われるのが日本の伝統です。

そのため、忙しくなる前に出産祝いをお七夜・お宮参りの間に贈ることが一般的なマナーとして考えられています。

ただ近年では、出産後は何日か入院していることが多く、長い方であれば1週間近く入院する方もいるでしょう。

そのため、お七夜のタイミングで出産祝いを用意すると、早すぎるケースもあります。

病院にいるタイミングで渡すのは、母体によくないので、入院中に出産祝いを持っていくのはやめた方が無難です。

反対に、出産祝いを渡すタイミングが遅くなると、お宮参りの時に出産内祝いの準備をしている家庭も多いので、二度手間にさせてしまう恐れがあります。そのため、お宮参りの出産内祝いの前に、出産祝いを渡すことがマナーとして大切です。

このことから、出産祝いを渡すタイミングは、出産後2~3週間頃がベストとなります。

出産したと報告があった場合は、いつ生んだのか事前に把握し、タイミングをはかることが大切です。

出産祝いを渡すタイミングが遅くなった場合はいつ渡す?

出産した後は、生後1ヶ月くらいでお宮参りが始まり、同時に出産内祝いを準備するのが基本的な流れです。そのため、出産祝いを渡すタイミングが遅くなると、相手の内祝いの準備を二度手間にさせてしまいます。

子供が生まれてから1ヶ月ほどは忙しいこともあり、出来るだけ出産祝いは早めに渡しておくことが重要となります。

お祝いを選ぶ時間がなくて出産祝いが遅くなりそうであれば、相手が後から自分で贈り物を選べるカタログギフトや商品券を郵送するのも一つの手となるでしょう。

それでも遅くなってしまった場合には、お祝いの言葉と一緒に、おわびの言葉を添えて送るようにしましょう。特に出産して1年近く経過した場合は、出産祝いではなく、お誕生日祝いとしてお祝いの品を準備することをおすすめします。

病院や自宅に伺う際のマナー

親しい友人や親戚に出産祝いを贈る場合は、一緒に赤ちゃんを一目見たいという方も多いでしょう。しかし、産後すぐに会いにいくのは、母体の体調が優れない可能性もあるので、マナーとしてはおすすめできません。

特に出産後の母親は精神的に不安定な状態になっており、神経質になっている場合もあるので、気軽に訪問しない方がいいでしょう。

どうしても直接会って出産祝いを渡す場合は、事前に連絡しておくと良いでしょう。唐突に訪問されても、何も準備出来ていなかったり、母親がメイクをしていないことに敏感になったりしてしまう可能性があります。

また出産祝いを準備している方が、風邪の症状が出ていたり、体調が悪かったりする場合は、免疫機能が弱い赤ちゃんに危険を及ぼす可能性があります。そのため、体調が優れない時は、駆けつけない方がいいでしょう。

近年では、直接お渡しするよりも、先方が気を遣う心配がないように、出産祝いを直送するケースもあります。来客の心配や時間を気にせずに渡すことができる手段なので、おすすめです。

出産祝いを渡したいという気持ちは大切ですが、出産後は母親と赤ちゃんの体調を気にすることが重要になります。そのため、無理に病院には訪問せずに、直送することも検討してみると良いでしょう。

病院に行くときのマナー

基本的に、家族以外で病院まで行くのは、マナー的にはおすすめできません。そのため、よっぽどのことがない限りは、病院まで出産祝いを持ってこないようにしましょう。

ただ事前に確認しておき、先方が訪問しても問題ないというのであれば、病院に訪問しても問題ありません。体調を聞いておき、出来るだけ母親の体に障らない話題で会話する必要があります。

病院に訪問した場合は、出来るだけ長居はせずに、赤ちゃんに触れる時も手を洗うなど慎重に行うことが大切です。

自宅に行く時のマナー

自宅に伺い、出産祝いを渡しに行く時も事前に連絡をしておき、当日も都合を確認しておくことが大切です。自宅に行くときのマナーとしても、出来るだけ長居はしない方が良いでしょう。

また、小さいお子様を連れて行かないことも、相手の母親や赤ちゃんを気遣う意味では大切です。他にも手を洗ってから赤ちゃんに触るなど、気を遣う部分はしっかりと意識する必要があります。

初めての育児では、特に母親が忙しくしているため、ゆっくりしている余裕もないでしょう。出産祝いを渡して、少し話をしたら早めに帰るようにすることが大切です。母親と赤ちゃんの体調が優先なので、マナー違反にならないためにも、相手を気遣うようにしましょう。

出産祝いの渡し方のマナー

いつ出産祝いを渡せばいいのか、把握した後は、出産祝いの渡し方のマナーについて理解することが大切です。どのようなものを、どんな渡し方で渡すのがベストなのか、参考にしてみてください。

のしやご祝儀袋

お祝いの品物が洋服やおもちゃであり、郵送で自宅に送る場合には、のしをつけるのがマナーです。プレゼントする相手が赤ちゃんであっても、宛名は母親か父親の名前にする必要があります。

親しい友人や親戚であれば、のしの代わりにリボンなどでラッピングして贈ることもあります。親しい仲の相手であれば、可愛らしいデザインでラッピングしてみるといいでしょう。ただし、目上の方に贈る場合は、必ずのし付きで送るのがマナーなので、贈る相手は選ぶことが大切です。

現金を出産祝いとする場合、正式なマナーとしては、白いご祝儀袋を用意する必要があります。水引は蝶結びを選択するのがマナーです。

縁起が悪い物は避ける

出産祝いを渡すことは、気持ちが何よりも大切ですが、渡す物が縁起の悪い物ではないことをきちんと確認しておきましょう。

例えば出産祝いで現金や商品券を渡す場合は、「4」や「9」など、縁起が悪い数字の金額は避ける必要があります。

他にも、相手が必要としない物を贈ることも避けた方が良いでしょう。

ベビー服などは、サイズが合わないこともあります。赤ちゃんの大きさを把握していない場合は、ベビー服も結局使われない可能性があるので、贈らない方がいいでしょう。

また高価な物に対しては、お返しに気を遣わせてしまう可能性があるので、高すぎる出産祝いは渡さないことが大切です。出産祝いにどんな物が欲しいのか、気軽に聞ける相手であれば、事前に確認を取っておき、リクエストに応える方法もおすすめです。

出産前に出産祝いを贈るのはマナー違反

出産祝いをいつに渡すのか、タイミングの話をしましたが、特にマナー違反とされるのが出産前に出産祝いを渡すことです。早く出産祝いを渡したい気持ちはわかりますが、出産祝いの目的は、無事に赤ちゃんが生まれて、母子共に健康であることを祝うことであるため、出産前に渡すのは失礼になります。

出産前後は、母親も神経質になることが多いです。早々に渡してしまうと相手を怒らせてしまう可能性もあるでしょう。また、可能性として、無事に出産できない場合もあるため、出産前に出産祝いを渡す行為だけは必ずしないようにしましょう。

出産祝いにはどんな物が好まれる?

出産祝いを贈ると決めても、どのような物が一番好まれるのか気になります。どのような物が出産祝いとしておすすめなのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

消耗品

赤ちゃんを育てるためには、色々と消耗する物がたくさんあります。特に、おむつやミルクといった実用的な物は、いくらあっても困ることがありません。

この時に、先方にこだわりの品物があれば、事前に確認しておき、いつも使用している消耗品を出産祝いとして贈ると喜ばれるでしょう。

母親向けの品物

出産祝いは必ず、赤ちゃん向けの贈り物である必要はありません。母親向けの品物を渡すことも喜ばれるので、一度検討してみることをおすすめします。

出産の疲れを癒すアイテムとしては、入浴剤やフェイスパック、美容アイテムやお菓子など、相手が喜んでくれる品物を選択し、渡すことが大切です。

2人目の場合

先方で生まれた赤ちゃんが2人目であった場合、どのような出産祝いが好まれるのでしょうか。基本的に育児グッズなどは、すでに持っていることが想定されるので、出産祝いとして渡すと邪魔になってしまう恐れがあります。

そのため、基本的におむつなどの消耗品が好まれるでしょう。他にも兄弟・姉妹のペアアイテムなども贈ると喜ばれることが多いのでおすすめです。

出産祝いはいくらが相場?

出産祝いを贈るといっても、どれくらいの金額の品物を選択すればいいのか、悩んでしまうこともあるでしょう。高すぎる品物を渡すと、相手が気を遣う可能性があるので、出来るだけ相場の品物を贈ることが大切です。

親族の出産祝いとして渡すのであれば、10,000円~30,000円が相場になります。友人の場合は、そこまで高い出産祝いは気を遣わせてしまうので、5,000円~10,000円が妥当です。

より親しい友人であれば、さらに高価な物でも気を遣わなくてもいいので、相談して決めるといいでしょう。

まとめ

知り合いに赤ちゃんが生まれた場合に渡す出産祝いは、いつに渡すのか、事前にマナーを把握しておけば、失敗することがありません。今回紹介したタイミングを参考に、訪問を検討してみてください。

また渡し方についても、のしや祝儀袋を意識することが重要で、金額についても注意が必要です。

出産祝いは、色々とマナーも多いことから、意識して考える必要があります。マナー違反にならないようにしながら、出産祝いを贈ってみてください。

出産祝いの適正金額って…?親戚や友人など、関係性別に相場を解説!

 

兄弟・姉妹や親戚にお子さんが誕生した時、また友人や職場の関係者に赤ちゃんが産まれた時に悩むのが出産祝いです。

物を贈る場合でも、お金や商品券で渡す場合でもどれくらいの金額が適当なのか、相場はどれくらいなのか気になるという方も多いでしょう。

相手との関係や贈る側の年齢別に紹介します。

 

出産祝いのマナー

新しい命の誕生と健やかな成長を願ってお祝いするのが出産祝いです。

出産祝いは生まれてきた赤ちゃんに向けて、また無事に出産を終えたママやその家族に向けて贈られるものです。

お祝いを贈る前には必ず出産が無事に終わったのか、母子共に健康か確認の上で贈りましょう。

 

出産祝いを贈る際には、いくつか気にしておきたいマナーもあります。

直接相手に贈りたい場合には、訪問するタイミングにも注意が必要です。

一般に出産祝いを贈るタイミングは出産後7日~1ヶ月の間と言われます。

しかし最近では入院期間が長いケースも多いので、病院へ直接出産祝いを持って行く場合には事前に訪問が可能か確認し、相手の負担にならないように気をつけましょう。

また、病院によっては花や食べ物の持ち込みを禁止しているところもあるため注意が必要です。

贈る時の注意点とは

現金で贈る場合、ご祝儀袋の選び方にも気をつけましょう。

お祝い事の際に贈る祝儀袋の水引は紅白のものになりますが、結婚の場合と出産などのお祝いの際には結び方が異なります。

出産祝いで贈る場合のご祝儀袋は水引が蝶結び(花結び)のものを選びましょう。

これは簡単に結び直すことができるためだと言われており、出産のように何回あっても嬉しいことについては蝶結びの水引が用いられます。反対に、結婚式のように1度きりにしたい出来事には「結び切り」という解けない結びにされているものを贈ります。

 

渡すお金も新札で揃えるようにしましょう。しかし、なかなか銀行や郵便局に行って新札をもらうことができないという場合に限っては、使われているものの中でもできるだけシワや折れのないきれいな状態のものを選んで贈りましょう。

ご祝儀袋に表書きを書く際には毛筆を使います。筆や墨を用意できない場合には筆ペンを利用しても問題ありませんが、必ず濃い色の墨を用いましょう。

表書きには上部に「御祝」「祝御出産」「御出産御祝」などの言葉を入れ、下部に自分の名前を記入します。

 

出産祝いの相場とは?

 

出産祝いを贈るときに悩んでしまう金額ですが、相場も住んでいる地域や相手との関係性、贈る側の年代などによって相場も変わってきます。

重要なのは、産まれてきた赤ちゃんや出産を頑張ったママ、そして支えていくご家族の方におめでとうという気持ちをいかに伝えたいかです。

しかし、あまり張り切って高額な贈り物をしてしまうと内祝いの際に相手も気を遣ってしまうため、その点にも注意をしましょう。

 

相手との関係別に見る相場

 お祝いで何かを贈る際、贈る側と贈られる側との距離感や関係によって金額は大きく異なります。そのため、おおまかな目安として出産祝いに贈られる現金や商品はどれくらいなのか関係別で紹介します。

父、母から

基本的に親から子へ贈るお祝についてはどれくらいが相場と言いきることも難しいのですが、新生活に向けての援助という気持ちや、特に初孫が誕生した際には張り切った贈り物をする場合もあります。

金額としては30,000円~50,000円程度が一般的で、多く出す人の場合は50,000円~100,000円程度になります。現金で贈る以外にも、高級ベビーカーなど赤ちゃんとの生活に必要な品物をプレゼントするケースもあります。

兄、姉から

兄、姉からの場合、年齢的にも経済的に自立している人も多いので一般的には10,000円~30,000円とされています。多く出す場合、30,000円~50,000円程度が相場になります。

弟、妹から

 弟、妹から出産祝いを贈る場合、年齢や金銭的に自立しているかなどの条件によって金額も変わります。

贈る側がまだ学生や金銭的に自立していない場合は5,000円~10,000円程度、ある程度金銭的に自立できている人の場合には10,000円~20,000円程度と考えておけばよいでしょう。

親戚から

 親戚から出産祝いを贈る場合には、普段からの付き合いの深さによって金額が大きく変わります。普段から親しく行き来をしていたり頻繁に連絡を取り合っているような仲であれば、10,000円~30,000円程度、出産後に直接報告を貰うくらいの仲であれば5,000円~10,000円程度を考えましょう。

また、普段から頻繁に連絡をするような関係ではなく、出産の連絡も直接受けていない、ほとんど付き合いも無いという場合にはわざわざ贈る必要はないでしょう。

しかし以前にお世話になったなど、特別にお祝いをしたいという気持ちがあれば相手が負担にならない程度でお祝いを贈ってもよいでしょう。

友人から

 友人からの出産祝いも付き合いの深さによって金額は大きく異なります。

仲良しグループの1人という関係から唯一無二の親友まで、贈る相手との関係性によって金額やプレゼントする内容を考えるとよいでしょう。

相場も3,000円~10,000円程度と幅も広いです。

グループでお金を出し合って贈る場合には1人あたり2,000~3,000円の負担になることが多いようです。しかし、3人で3,000円ずつ集めて9,000円にするなど「9」がつく数字は避けるべきだと言われます。

 

同様に「4」も避けるべき数字なので4,000円や9,000円などになる場合にはキリも良いので5,000円、10,000円にして贈ることをおすすめします。

また、友人の出産に嬉しくなり、つい弾んでしまいそうになりますがあまりに高額なお祝いだと相手も気が引けてしまいます。常識的な範囲で贈るよう心がけましょう。

ママ友や近所の人から

友人まで近くはないけれども、困ったときに力を貸してくれたり相談に乗ってくれるママ友に、お疲れ様の意味も含めて出産祝いを贈りたい場合があります。

付き合いの深さにもよりますが、相手があまり気兼ねしなくてよい程度に1,000円~3,000円の実用的なプレゼントを贈るのがよいでしょう。また、グループで付き合いがある場合にはグループ内で少額を出し合ってプレゼントを決めるのもよいでしょう。

会社の関係の人から

会社の同僚や上司への出産祝いに頭を悩ませている方も多いと思います。

これからも長く付き合っていく可能性がある人たちなので、自分に子供ができる立場になった時にあまり負担に感じない程度の金額のものを贈るように考えるとよいでしょう。

 

部下や同僚の場合、相場は3,000円~5,000円程度、上司の場合は5,000円~10,000円程度を目安にしましょう。会社の場合はあらかじめ贈る金額が決められており、人数で割ってお金を出し合うこともよくあります。

個人で贈るのか、連名で贈るのかは会社によっても異なりますので、心配であれば詳しそうな人にそれとなく確認してみるとよいでしょう。

年代によって異なる相場

出産祝いの金額は贈る側の年齢によっても相場が変わってきます。一般に20~30代は5,000円程度、40代以降は10,000円程度と言われます。

贈られる側の方との関係性も重要になりますが、特に親族以外の場合には簡単な目安にしておくとよいでしょう。

 

双子が生まれたときはどうすればいい?

 

産まれた赤ちゃんが双子だった時、お祝いをどれくらいの金額にすべきか迷ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

一般的には相場の1.5~2倍程度と言われています。

しかし、これも地方によっては1人の出産の場合と金額を変えないというところもあるので、贈られる側の方の地域でこうした特色があるか事前に調べておくとよいでしょう。

現金ではなくおもちゃなどの商品を贈る場合には、ケンカや取り合いにならないよう同じ物を2つ用意することも必要です。

出産祝いに贈られたら嬉しいものは?

赤ちゃんの誕生をお祝いするためのものなので、心を込めたものであれば相手にもきっと喜んでもらえるかと思いますが、中でも出産直後のママが貰ってうれしかったお祝いを紹介します。

現金

これから赤ちゃんを育てていくのに何よりも必要になるのがお金です。出産直後は様々なことで出費もかさむので、切実にありがたく感じる方も多いでしょう。

また、贈る側もどんなものを選んだら喜ばれるのかわからない、プレゼントを選ぶ自信がないという方でも現金であれば問題も解決します。そのまま現金を渡すのはちょっと、と思う方には商品券を贈るという方法もあります。

デパートで使えるものだけでなく、ベビー用品の専門店やベビー服の販売店から出している商品券もあります。商品券で贈る場合には金額は相場通りで贈るようにすると失敗は少ないでしょう。

紙おむつ

毎日使う必需品でもありますが、出産直後はとても忙しいのでなかなか買いに行くことができないという方も多いものです。とても実用的でストックとして持っていても困らないものなので喜ばれることも多い品物です。

ただパックの紙おむつを贈るのは味気ないと感じる方には紙おむつと一緒に様々なおもちゃやタオル、靴下などのグッズが詰め込まれた「おむつケーキ」を贈るという方法もあります。見た目も可愛いので喜ばれることも多いです。

この他にもベビー服やおもちゃ、ママ用の便利グッズやお茶など様々なものがありますが、何を贈ったらいいのかわからなくて困ってしまった場合には直接何が欲しいか聞いてみるのもよいでしょう。

出産祝いの適正金額に応じたお祝いを

 出産祝いの相場はどれくらいの金額になるかは、贈る側と贈られる側の関係性によって大きく変わります。あまりに高額なものを贈るとお返しに気を遣われることになるので、そのあたりも意識しながら決めましょう。

受け取る側の気持ちを考えて、心から赤ちゃんの誕生をお祝いできるとよいですね。

出産祝いのメッセージはどう書く?文例とNGワード集

お友達や親類から出産のお知らせを受け取ると、何だか自分も嬉しくなってくるものです。新たに誕生したお子さんにおめでとうの気持ちと、大きな役目を果たしたママの体に労いの気持ちも込めて、出産祝いには短くてもいいので何かメッセージを添えて贈ることをおすすめします。

しかし、中には何を書いたらいいのかわからないという方や、知らず知らずのうちに使ってしまっているNGワードなどもあります。

出産祝いのメッセージを贈る時に気をつけることや、文例などについて紹介します。

 

出産祝いを贈るのに適切な時期は?

赤ちゃん誕生の知らせを受けると、すぐにでもお祝いを贈らなければと考える方も多いでしょう。

一般的には生後7日から1ヶ月の間に行うのが良いと言われていますが、最近では入院期間が1週間近くに及ぶケースも多いので、あまり早すぎるのも却って相手の方の負担になってしまうことも考えられます。

また、生後1ヶ月の節目には赤ちゃんの健康を神様に祈る「お宮参り」があり、多くの方がこのタイミングに合わせて出産祝いのお返し(出産内祝い)を準備しはじめるので、遅くとも1ヶ月以内には贈るようにしたいものです。

目安としては出産後2~3週間後がおすすめです。

 

メールで気軽に送るのはNG?

最近ではメールやLINEが普及したおかげで手紙を書く機会はめっきり少なくなってしまいました。スマホを開いてすぐにでも送ることができ、いつでも読めるメールやLINEはとても気軽で便利なツールです。

しかし、出産は人生の中でもそう何度も経験するイベントではありません。

大変な思いをして赤ちゃんを産んだママへのおめでとうの気持ちを伝えるには、やはりメールよりも手紙の方がベターでしょう。

特に目上の方に対してはマナーとして失礼だと感じられる場合もあります。

長い手紙やお祝いの文章を書くのは苦手だと感じる方は、短くても見栄えがよく気持ちを込めることができるメッセージカードを使ってみるとよいでしょう。

最近ではデザインの凝ったメッセージカードも多く販売されているので、相手の好みや一緒に贈る品物に合わせたものを選んでみるのもおすすめです。

 

使っちゃいけないNGワードやフレーズは?

メッセージを書くときに気をつけたいのがNGワードです。普段は何気なく使っている言葉でも、お祝いのメッセージにふさわしくない不吉なワードや不快な言葉は避けるように注意しましょう。

誰が見ても明らかに避けておきたいのは「死ぬ」という言葉ですが、同じく死を連想させるような「消える」「絶える」「終わる」といった言葉や、「流れる」「切れる」「薄い」といった単語もNGワードです。

 

また、出産は大変な思いをしただろうということから「苦しい」という言葉を使ってしまいそうになりますが、こちらも不快感を与える言葉なので使用を避けましょう。

出産おめでとうの気持ちと、これから始まる本格的な子育てのことを考え、つい「頑張って」と書きたくなってしまうものです。

しかし産後の不安定な状態の中で「頑張って」と言われるとその言葉をプレッシャーに感じてしまう方もいます。ポジティブに捉えることができるワードではありますが、不用意に「頑張って」という言葉を使うのは状況によっては避けたほうが無難です。

 

その他にも、文章を書く際によく使われる「、」や「。」といった句読点も「切れる」といったイメージがあるためお祝いのメッセージには適さないという考え方もあります。

文章を書く時には単語や構成に気をつけて何度か読み直してから送るようにしましょう。

出産祝いのメッセージに使える文例集

どんなことを書いたらいいのかわからないと悩んでいる方は、まずはテンプレートの中からよさそうな文例を選んで利用したり、その文章を自分なりにアレンジしてみると書きやすいでしょう。

贈る相手によって文体も少し変わってきます。相手との距離感や関係によってぴったりなものを見つけましょう。

 

親族に贈る場合の文例について

自分の兄弟・姉妹の出産や繋がりの深いいとこの出産など、身近な親族の出産祝いにはおめでとうという気持ちをストレートに伝えましょう。

改まった文章よりも素直な気持ちを表現することがおすすめです。

出産報告も比較的早く来るので、連絡を受けたらあまり遅くならないよう、タイミングを見て贈りましょう。

 

親族に贈る場合の文例

出産おめでとう。赤ちゃんも○○さんも元気だと聞き安心しました。たくさんの愛情を受けてすくすくと育ってくれることを祈っています。またゆっくりとおしゃべりしましょう。

○○ちゃん出産おめでとうございます。お写真もありがとう。○○ちゃんによく似た可愛い赤ちゃんですね。ささやかですが、お祝いの品をお贈りします。初めての育児も楽しんでくださいね。

ご出産おめでとうございます。可愛い赤ちゃんの誕生に私も嬉しくなりました。これからの成長が楽しみですね。○○さんはゆっくりと体を休めてください。また赤ちゃんと○○さんに会えるのを楽しみにしています。

 

友人に贈る場合の文例について

親しい友人にメッセージを贈る場合も、基本的には改まったものよりも素直におめでとうの気持ちを記したものの方が喜ばれるでしょう。しかし、親しき仲にも礼儀ありです。あまりにも失礼な内容にならないように気をつけ、赤ちゃんとママの体のことを気遣った文章を入れるとよいでしょう。

 

友人に贈る場合の文例

○○ちゃん、出産おめでとう!元気な赤ちゃんと聞いて安心したよ。まずは体をゆっくり休めてください。気持ちばかりですがお祝いの品を贈ります。今度は赤ちゃんも一緒にママ友同士で集まってランチしようね。会えるのを楽しみにしています。

出産おめでとう!無事に産まれたと聞いて自分のことのように嬉しくなったよ。写真ありがとう。ママに似てとても愛らしいお顔をしているね。落ち着いた頃に赤ちゃんの顔を見に遊びに行くね。

出産おめでとう。○○がママになったことは驚いたけれど、すごく嬉しいです。体の具合はどうですか?これから大変なこともあるだろうけれど、健康に気をつけて夫婦仲良くね。赤ちゃんの健やかな成長を祈っています。

 

先輩や目上の方へ贈る場合の文例について

仕事の先輩や目上の方へのメッセージは失礼がないよう、親族や友人に贈るものよりもできるだけ丁寧な言葉や表現を選ぶようにしましょう。うっかり使ってしまいそうになるNGワードも使わないように気をつけましょう。

 

先輩や目上の方へ贈る場合の文例

この度はご出産誠におめでとうございます。○○ちゃんの健やかなご成長とご家族のみなさまのご多幸をお祈りしております。

ご出産おめでとうございます。母子ともにご健康との報に安心しております。ご家族みなさまが健康で幸せにくらせますよう、心からお祈りしております。

この度はご出産おめでとうございます。お体の具合はいかがでしょうか。しばらくはご家族でゆっくりとお過ごしください。ささやかですが、お祝いの品をお贈りいたします。赤ちゃんとご家族みなさまに多くの幸せが訪れますよう心よりお祈りしております。

 

出産祝いを贈るのが遅くなってしまった場合の文例について

出産祝いを贈るタイミングは早すぎても相手が困ってしまうことがありますが、連絡が遅くなってしまった場合や、どうしても早めに贈れなかった時にはその旨も添えてメッセージを送りましょう。文例は贈る相手によって言葉やフレーズをアレンジして使いやすくしましょう。

 

出産祝いを贈るのが遅くなってしまった場合の文例

出産おめでとうございます。できれば直接お伺いしてお祝いを伝えたかったのですが家庭の事情で離れることができず、お祝いが遅くなりごめんなさい。いつか落ち着いた頃に赤ちゃんのお顔を見に伺いたいです。冷え込む日が続いているのでお体に気をつけてお過ごしください。

ご出産おめでとうございます。本来でしたらもっと早くお祝いを贈るところですが、遅くなり申し訳ございません。ささやかではございますが、お祝いの品をお贈りします。気にいっていただけますと幸いです。○○ちゃんの健やかなご成長をお祈りしております。

 

出産祝いを現金で渡すときにメッセージカードも同封していいの?

出産祝いに品物ではなく現金を贈るケースもあります。最近では凝ったデザインのメッセージカードも多数あり、専用の封筒に入れて贈ることができるものもありますが、便箋やカードに書いたものをそのまま祝儀袋に同封してもいいのか迷われる方もいらっしゃるでしょう。

一般に、メッセージカードや便箋を祝儀袋の中に同封することはマナー違反ではありません。そのため、ぜひメッセージもお祝い金と一緒に添えて贈りましょう。

出産祝いの祝儀袋を選ぶ際、気をつけなければいけないのが水引の形です。

結婚式で使われる祝儀袋は、結婚という大きなイベントで結ばれる縁が1回きりであることを願うように、「結び切り」や「あわじ結び」といった解くのが難しい結び方をされています。

 

一方、出産は一度きりではなく何度でも縁を結べるという意味を込めて蝶結びのものが使われます。どちらもおめでたい時に使うものではありますが、水引の形にもそれぞれ意味があるので注意しましょう。また、祝儀袋の右上に「のし」と呼ばれる飾りが付いているものを選びましょう。赤ちゃんの誕生をお祝いする気持ちと、ご家族の方への気遣いを忘れなければ多くの場合問題はありません。

 

まとめ

出産祝いのメッセージを贈ろうと思っても、これまで書いたことがなくなかなかイメージができなかったという方や、自分で文章を考えるのが苦手だという方でも、ここに掲載している文例を元にしてお祝いのメッセージを作ってみましょう。

NGワードを使わないということに気を配ることと、相手に失礼であったり、不快に思われるような文章を避けることが大切です。それさえ気をつけておけば、後は心からのお祝いの言葉を記せばもらった方もきっと喜ばれるはずです。

メールやLINEなどの便利なツールもありますが、せっかくの機会なので、手書きのメッセージカードでおめでとうの気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

おむつケーキはもらって嬉しい出産祝い?ママたちの本音は?

親しいお友達や親類への出産祝いに何を贈ればいいのかと悩んでいる方も多いでしょう。そこで相手が使いやすく、また見た目も可愛いとして最近注目を集めているのが「おむつケーキ」です。名前を聞くと「おむつでできたケーキなの?」とどんなものか想像できない方もいるかと思います。そこで、おむつケーキとはどのような物なのか、また出産祝いで実際に贈られたママさんたちの反応を紹介します。

おむつのケーキとは

おむつのケーキという名前を初めて聞いた時には、一体どんなものなのだろうと思った方も多いかと思います。おむつのケーキとは、土台に紙おむつを使い、周囲をレースやリボンなどでケーキのように可愛らしくデコレーションしたものです。

おむつは子育てに必須の品物ですが、出産祝いにパックの紙おむつをそのまま渡すのは何とも味気ないものです。そこで、実用性と見た目の良さを兼ね備えたプレゼントとして選ばれるようになりました。

日本で呼ばれるおむつのケーキが誕生した場所はアメリカです。出産前の妊婦さんを元気付けたり励ましたりするパーティーとして開催される「ベビーシャワー」の中でパーティーを盛り上げるアイテムの1つとして用意されるものでした。それが大ヒットした洋画ドラマの中でも使われていたとして日本でも注目を浴びるようになったのです。

最近では病院の中でも食べ物や花の持ち込みが禁止されているところもあり、入院中にお祝いとして生ものを贈りにくくなりましたが、おむつのケーキにはその心配がありません。紙おむつの他にも赤ちゃんが喜ぶおもちゃや、タオル、スタイなども一緒にデコレーションされているので多くのママにも喜ばれています。

どんな種類があるの?

現在、様々な販売店でおむつのケーキが販売されています。その種類も多様で、人気のキャラクターを用いたものや、可愛らしいもの、シックなものとデザインも豊富です。紙おむつの他にママにとっては何枚あっても助かるタオルやスタイ、靴下などの実用品の他に、赤ちゃんが喜ぶおもちゃなどもデコレーションすることができます。

中でも、貰って嬉しいといった反応が多かったのがタオルです。タオルは出産後に何枚も必要になるだけでなく、子育てで忙しいと買出しに行くことも難しいママさんにとって、たくさんあると嬉しい贈り物のようです。

また、おもちゃを含むおむつのケーキの場合、金額にもよりますが、多くの場合おもちゃは何種類か含まれています。そのため、おもちゃをプレゼントしたいけれど何がいいのかわからないと悩んでいる人も、いくつか種類が含まれているおむつのケーキであれば紙おむつと一緒に渡すことができるので喜ばれるでしょう。贈る人の好みや性格などに合わせて、どんなものが喜ばれるか考えながら選ぶ時間も楽しいものです。

実際に贈られたママの反応は?

出産祝いはきっと誰もがもらって嬉しいものでしょう。しかし、それは本当に贈られて嬉しいものだったのか、なかなか贈られた本人には聞き出しにくいものです。もしかしたら自己満足にならないかしらと不安に思っている方に、実際におむつのケーキを出産祝いでもらったママさんたちの反応を紹介します。

贈られて嬉しかったポイントは?

  • 「見た目が可愛くて豪華だった」

おむつのケーキはその見た目の華やかさや存在感も魅力の1つです。あまりの可愛さに解体できず、なかなかおむつを使うことができなかったという悩みも見られました。紙おむつをパッケージのまま渡されるよりも赤ちゃんの誕生を心から祝福してくれている気がする、プレゼントとして贈りたいという気持ちが伝わってくる、という意見もありました。

  • 「実用的」

紙おむつは育児の間には欠かすことのできないものです。しかも、出産直後は何かと忙しいママは、うっかりおむつを切らしてしまっても買いに出かけるのも難しいといった状況もよくあります。こうした時にすぐに使えるおむつのケーキは実用性という面でもとても理にかなっているプレゼントと言えるでしょう。また、長く残ってしまう贈り物よりきっちり使い切って無くなる物の方が嬉しいといった声も聞かれました。

  • 「おむつ以外にもいろいろ付いてきて嬉しい」

おむつのケーキには紙おむつ以外にも様々なものがデコレーションとして使われています。その中におもちゃが付いていて良かったという声や、一緒にデコレーションされていたバスタオルはとても役に立った、バケツとセットだったのでおむつを捨てる時に使えて便利だったという声がありました。紙おむつと一緒に贈るグッズをどれにするか選ぶことで個性豊かなケーキに仕上げることができるところも魅力です。

 

贈られてちょっと困ったポイントは?

  • 「場所を取る、邪魔になる」

おむつのケーキには様々な種類のものが販売されていますが、意外に大きく、保管するのに場所を取るということで贈られて困ったという声がありました。特に病院へお見舞いに行って出産祝いを渡す時には病室のスペースのことを考える必要がありますし、病院から家まで持ち運ぶのにも大変だということを考慮しなければいけません。そのため、贈る人の状況に合わせてケーキのサイズが小さいものを選んだり、退院後に自宅に届けることなどを考えてみる必要があります。

  • 「不衛生」

おむつケーキは紙おむつを一枚ずつ並べたり丸めたりしてケーキの形に仕上げます。そのため販売店では衛生面に気をつけて作ってはいますが、赤ちゃんが身につけるものを必要以上に他人が触るのが嫌だという人や、パッケージから出した状態で保存するのが心配だという人もいました。また、手作りのおむつのケーキは衛生面が気になるといった声もあります。

  • 「解体するのが大変!」

見た目がとてもきれいなおむつのケーキですが、作る時には形ができるだけ崩れないようにテープなどを使って固定したり、たくさんのラッピング用紙やリボンを使用しています。そのため、見た目が可愛くても実際に使う時に解体するのが大変で面倒だったという声も聞かれます。

    • 「値段が高い」

出産祝いを贈ったら、贈られた側の人は内祝いを返すことも考えなければいけません。そこで、おむつのケーキの金額を調べてみてその高さに驚いたという人もいるようです。そのため、贈られた側が内祝いに悩まないような金額のものにするか、小さいおむつケーキと他のプレゼントを組み合わせるといった方法を考えるという人もいました。

  • 「おむつが合わないことがある」

赤ちゃんの中には肌が敏感で、決まったメーカーのおむつでないと肌が荒れてしまうという子もいます。そのため、市販の紙おむつを使ったおむつケーキをプレゼントする場合には、もしかしたら赤ちゃんの肌に合わないかもしれないということも考慮しておく必要があります。一番確実な方法は、ママに使っているおむつのメーカーを聞き出しておくことです。せっかくプレゼントしたのに使えなかったという悲しい結果になる可能性もあるので、事前にリサーチをしておくことをおすすめします。

 

贈る人の性格に合わせて選ぼう

どんなプレゼントに関しても言えることですが、まずは贈られた側が本当に嬉しいと感じてもらえるかどうかを考えることが重要です。

見た目が可愛らしいことや、流行っているという点で出産祝いの候補に考える方も多いでしょうが、贈られる方の性格によってはかえって他の贈り物の方が喜ばれる可能性もあります。

特に、普段の性格が物の見た目よりも実用性や合理性を重視する人の場合、過度なデコレーションがされていて使いにくいだけでなく、衛生面についても不安に感じられるかもしれません。

親しくしている人で、その人の性格を良く知っているのであれば何を贈ったら嬉しいのか直接聞いてみるのもいいでしょう。サプライズにすることはできませんが、お互いに希望を出すことによってより喜ばれるプレゼントを選ぶことができるでしょう。

反対に、初めての出産の人で普段から可愛らしいものを好んでいる方にはサプライズとして渡しても喜ばれる可能性が高いと言えます。まずは相手が喜んでくれることを第一に考えながらプレゼント選びを楽しみましょう。

 

出産祝いを贈るベストなタイミングとは?

出産祝いとして贈る場合、そのタイミングも重要です。一般的には退院後1週間~1ヶ月の間に贈るのがベストと言われています。

そこで悩むのが紙おむつのサイズです。生まれたばかりの赤ちゃんに合わせようと新生児用のサイズを選びたくなりますが、新生児用の紙おむつを使う期間は2~3週間程度と非常に短いです。そのため、渡すタイミングがずれてしまったり、新生児サイズのものをママが準備している場合には使いきれなくなってしまう可能性があります。

おむつケーキはしばらくの間飾っておくという人の多いので、Sサイズ以上の大きさのものを選ぶことがポイントです。また、ママがおむつのサイズが切り替わるタイミングで買い物に行けない可能性があることも踏まえて、SサイズとMサイズの両方を組み合わせたケーキにして贈るという人もいます。

病院へお見舞いに行く際に、おむつケーキは生ものではないので傷んでしまう心配はありませんが、退院時に大きな荷物となってしまう可能性もあります。もし病院へ持って行くという場合には持ち帰りやすいサイズのものを考えることも大切です。平均的なサイズは40cmくらいですが、小さいものは20cm程度から、段数も1段のものから3段のものまであるので価格や贈られる人の好みなどを考慮して選びましょう。

 

まとめ

出産祝いにおむつケーキを贈られることで嬉しいと感じるママも多いようです。その理由は可愛らしさや華やかさだけでなく実用性が高いという点にあります。また、インパクトのあるプレゼントとしても喜ばれるでしょう。しかし、中には衛生面が気になるという人やパッケージそのままの紙おむつのほうが実用的でいいという人もいるので贈りたい相手の好みや性格に合わせて考慮することをおすすめします。出産祝いのおめでとうという気持ちを込めて選びたいですね。

おむつケーキとはそもそも何?贈り方や相場、選び方を解説!

新しい命の誕生はとても喜ばしいことです。しかし、親しい人への出産祝いは何を贈ったらいいのかわからない、迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。
出産後は何かと物入りが多い時期なので、送られる側としては実用的な物のほうが喜ばれるのではないか、でも何か人と違った可愛い物をプレゼントしたいという時におすすめの品が「おむつケーキ」です。

おむつケーキってどんなもの?

おむつケーキという名前を初めて聞いた人は「ケーキなのにおむつでできているの?」と驚かれるかもしれません。しかし、最近では出産祝いの定番品としても浸透してきており、名前を知っているという人も増えてきました。
ケーキという名前がついていても、これは食べられるケーキではなく、おむつやおもちゃなど様々なものをデコレーションしてケーキのようにまとめたものです。見た目の可愛らしさや豪華さ、そしておむつやおもちゃ、スタイなどの実用品が入っていることから贈られる側にも喜ばれるプレゼントです。

発祥の地はアメリカです。アメリカではよく、出産前の妊婦さんを友人たちがお祝いする「ベビーシャワー」というイベントを行います。
これは、出産で不安な気持ちになっている妊婦さんを励まし、無事に元気な赤ちゃんが産まれてくるようにという願いも込められたものです。そのパーティーを豪華に演出するアイテムの1つとして、『Diper Cake(ダイパーケーキ)』 というものが誕生しました。
diperがおむつのことです。おアメリカで大ヒットしたドラマが日本で放送され、そのシーンで使用されたことから日本でも一気に注目を集めるようになりました。
日本ではどちらかと言えば出産前よりも出産後にお祝いをすることが多いため、実用性も高くインパクトのあるため、現在でも出産祝いの中で人気の高いプレゼントとなっています。

どんな種類の商品があるの?

一口に言っても、メーカーや商品などの組み合わせによって様々な種類のものが見つかります。ベースとなる紙おむつは勿論、おもちゃやぬいぐるみといった赤ちゃんが遊べる道具、ブランケットやタオル、スタイなど実用品やベビー服など幅広いアイテムがおむつと一緒にデコレーションされています。人気のキャラクター商品や、ブランドのものなど、ついつい目移りしてしまいますが、プレゼントしたい相手のことを思いながら好みの物を探すとよいでしょう。

おむつケーキを贈るメリット

出産祝いに何か特別なものを贈りたい、実用品が喜ばれるだろうけれど、それだけでは味気ないという時におすすめのアイテムです。まず何と言っても見た目のインパクトがあります。
紙おむつは誰でも必要なものだから贈ってあげたいけれど、普通にパックのまま手渡すのはちょっと寂しいという人も、おむつの他に好みのグッズを入れて、更に見た目も可愛くデコレーションしてある場合なら部屋を一気に華やかに飾ってくれます。病院に直接お見舞いに行く場合、生ものだと気を遣う必要がありますし、最近では生花の持ち込みが禁止されている病院もあります。その点、食べ物のように傷んでしまう心配もなく、安心して届けることができます。

また、中に一緒に入れるアイテムにも気を配ることができます。
赤ちゃんの性別やママの趣味などに合わせて必要そうなものを選ぶことができるのは大きなメリットと言えます。特に出産祝いでおもちゃを贈ろうと考えても、たくさんの種類の中から何がいいか選ぶのは大変ですが、定番のものがいくつか入っているので、プレゼントされたママもいろいろ試すことができるでしょう。
育児中は何枚あっても助かるタオルやスタイ、ベビー靴下なども一緒に入れることができるので実用性も抜群です。

出産祝いの相場はどれくらい?

出産祝いを贈るときに悩んでしまうことの1つに、どれくらいの金額のプレゼントを贈ったらよいのか、相場がどれくらいなのかという点があります。
あまり高価なものを贈ると相手の負担になるのではないかと、つい考えてしまいます。
一般に、出産祝いで贈ったもののお返しとなる「内祝い」は贈られた品物の半額程度が目安になります。そのため、高価なプレゼントで相手をお祝いしてあげたいと思っても、反対に負担になってしまうことがあるので注意が必要です。

種類もプチギフトとして使えるものから豪華なものまで幅広く販売されています。
贈る相手などにもよりますが、相場は3000円~7000円程度と見ておくとよいでしょう。ギフトショップなどの売れ筋商品は5000円~6000円程度のものがよく出ているそうです。年代によっても金額は異なり、20代では5000円くらいのものが相場で、30代になると相場は少し上がり1万円前後の商品を贈られる方もいるそうです。
グループでお金を出し合ってプレゼントする場合には豪華に2~3万円くらいのものを贈ってサプライズするという方法もあります。相場はあくまで目安ですので、お祝いを贈る際には贈る相手の要望や性格、また地域による伝統などがある場合もあるのでよく確認してから選ぶことをおすすめします。

贈り方で注意すべき点とは?

プレゼントは内容と同時に贈り方にもじゅうぶんな注意が必要です。
アメリカでは出産前の「ベビーシャワー」というパーティーの定番品として贈られてきたおむつケーキですが、日本では出産後のお祝いとして贈られることが多いです。

出産祝いを贈るタイミングも重要です。
一般には生後7日から1ヶ月の間と言われており、これは生後7日のお祝いである「お七夜(おしちや)」と生後1ヶ月の頃に赤ちゃんの誕生報告と健康祈願をする「お宮参り」があるためです。しかし出産直後はまだ入院しているケースもありますし、体調が安定しないこともあります。そのためお七夜の時点ではまだお見舞いに行くには早すぎる場合があるので注意しましょう。また、お宮参りの頃になると内祝いの準備を行います。
そのため、遅くとも出産から1ヶ月以内には贈るように心がけたほうがよいでしょう。
ママや赤ちゃんの体調など、様々な面を考慮する必要がありますが、生後2~3週間目くらいの時期が出産祝いを贈るのに適した時期と言えます。相手の都合も相談しながら贈り方を考えましょう。

出産祝いのおむつケーキの贈り方は、まずはたくさんある種類の中からどんなものを贈りたいか決めることから始めます。
予算によっても選べる商品は幅が広く、おむつ以外にケーキの中にデコレーションするものをおもちゃにするのか、便利グッズにするのか、またキャラクターを用いたものにするかなど見ているだけでも楽しくなってきます。

どんなタイプにするか決まったら、次はベースとなるおむつを選びましょう。
肌が敏感な赤ちゃんは決まったメーカーのおむつ以外では肌荒れを起こしてしまうこともあります。また、サイズもわかっているとよいでしょう。
おむつは消耗品なので、プレゼントされる側の希望をリサーチしておくと贈った時にも喜ばれます。少しだけ贈り方にも気を配ることで、送られた側も嬉しい気持ちになるはずです。

贈る時の注意点は?

贈る時は、贈り方についても記載しましたが、贈るタイミングやおむつの種類は注意しておきたいポイントです。また、その他にも気をつけておきたい点があるので紹介します。まず、おむつケーキはとても見た目が可愛く豪華に見えるプレゼントではありますが、大きなものは場所を取ってしまうことがあります。
病院にお見舞いに行く際には、病室に持ち込んでも邪魔にならないか、自宅に持ち帰るときに荷物にならないか少し意識しておきましょう。もちろん、とても華やかなプレゼントなので病室に置くだけで可愛らしい雰囲気が出て喜ばれることもあります。

また、贈られて喜んでくれる人もいれば、人によってはあまり良い印象を持たない人もいます。その理由には衛生面が気になるという点や、そもそも贈られる側の好みではないという点が挙げられます。
これは贈られた相手にもよりますので、相手がどんな性格か、どんなものを好んでいるのかを考えながら選ぶ必要があります。特に自分の好みがはっきりしていて、シンプルなものを好む人にとって、華やかな装飾はあまり実用的に見えないかもしれません。また、初めての出産の人の方がこうしたプレゼントは喜ばれる傾向にあります。初めてもらうプレゼントは目新しく、新鮮な気持ちになるためだと考えられます。
一方、どうしても二人目、三人目となると可愛さよりも分解する手間や実用性の面を考えてしまいがちになります。そのため、おむつをそのままプレゼントしてもらいたいという人もいるようです。
まずは相手がどんなものを好んでいるのか、贈ったら喜ばれるだろうかということを想像しながら贈り方を考えてみてはいかがでしょうか。

特別なおむつケーキを贈ろう

贈れるギフトショップの中には、スタイやタオルなどのグッズの中に赤ちゃんの名前をいれる「名入れ」のサービスを行っているところもあります。他にはない特別なプレゼントとして贈りたいと考えている人には、こういうサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
赤ちゃんの名前には名付けた人たちのたくさんの思いが込められています。その思いが込められている名前をプレゼントという形にして贈ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

おむつケーキとはどういうものか、その歴史や相場、贈り方などについて紹介してきました。紙おむつがケーキの形になるだけで、とても華やかで可愛らしいプレゼントに変身します。
出産後のママはなかなか買い物に行くのも大変なので、おむつのような実用性の高いものと、おもちゃやぬいぐるみなど赤ちゃんが楽しめるグッズが入っている喜ばれるプレゼントになります。プレゼントしたい相手のことを思いながら選んでみてはいかがでしょうか。いろいろとこだわり方もありますし、贈った人によって一生に一度の思い出になりますので、ぜひこの機会に検討してみるとよいでしょう。

人気の男の子向けキャラクターおむつケーキ

男の子向けのプレゼントだけでもバリエーションはかなり豊富

おむつケーキには様々な種類のものがありますが、その中でも人気なのが人気のキャラクターモチーフの商品です。
ラグーンでは男の子に人気の商品を多数取り揃えています。
男女問わず人気で喜ばれるキャラクターとしてはアンパンマンが選ばれています。
アンパンマンシリーズはケーキのてっぺんに可愛いアンパンマンのぬいぐるみがついています。
価格帯も二つ用意されており、2段ケーキと3段ケーキの2種類があります。
ぬいぐるみだけでなくタオルやヘッドバンド、3段ケーキはおむつ全体をブランケットで覆っています。
もちろんフラワーやリボンなどで可愛く形作られており、赤ちゃんのお部屋に置いて見た目で楽しむこともできます。
ぬいぐるみはパペットとして遊ぶことができるので、赤ちゃんが大きくなっても使用することができます。
それから男の子向けで人気のキャラクターにトーマスがあります。
トーマスのおむつケーキはパンパースのおむつ(サイズ変更可)が23枚と赤ちゃん用のマグ、ウォッシュタオルとフェイスタオルです。
それをリボンを使い可愛くラッピングしており、ケーキはタオルで包んであるので、男の子にぴったりのブルーカラーが映える商品です。
名前入れにも対応しており、タオルに刺繡を入れることもできるので、オリジナルの商品をプレゼントすることができるでしょう。
生まれたばかりの赤ちゃんにはちょっと早いと感じるかもしれませんが、お父さんやお母さんが好きならスターウォーズシリーズもちょっと変わったキャラクターケーキとしておすすめです。
ダースベーダー、C3-PO、R2-D2から選べるスターウォーズシリーズはスターウォーズ好きにはたまらない商品です。
それぞれのぬいぐるみがてっぺんに置かれていて、スターウォーズの人気キャラクターがプリントされたタオルで全体が包まれています。
可愛らしさよりもクールな印象を与えてくれる商品です。

出産祝いに困ったら即日発送のおむつケーキ

即日発送してくれるからプレゼントに嬉しい

親しい友人や知り合いであれば出産間際まで連絡を取っていることもあると思いますが、最近ではFacebookやSNSなどで、友達の赤ちゃん誕生を突然知るという人も増えているようです。
そんな時、急に出産祝いを用意する必要に迫られ慌ててしまいますが、せっかく贈るプレゼントですから喜んでもらえる心のこもったものを選びたいものです。
ラグーンのすべての商品は、14時までに注文すれば楽天のあす楽発送に対応しています。
あす楽発送とは注文日に即日発送してくれて、翌日までに届けてくれるサービスなので急いでいるときにとても便利です。
いったん自宅に配送してもらって、自分で持っていくことも可能なので、病院に出向いての出産祝いにも間に合います。
一部オリジナルで刺繡を入れることができる商品に関しては即日発送に対応していないものもありますが、ほとんどの商品が刺繍入りに対応可能です。
刺繍を入れる商品に関しても、1・2営業日程度で発送可能なことが多く、よりオリジナル性のあるプレゼントに喜んでもらえることでしょう。
刺繍入りの商品は7,980円以下の商品であれば1点当たり500円で対応可能で、それ以上であれば無料でサービス対応してくれます。
またラグーンのおむつケーキは即日対応であっても、かわいく豪華にラッピングしてくれるのも嬉しいところです。
ラッピングペーパーやシール、可愛いリボンでラッピングしてくれます。
女の子用であればスイートピンクのラッピング、男の子用であればアップルブルーラッピングでどちらもかわいくて上品な仕上がりになります。
赤ちゃんが生まれたと耳にしたら、お祝いの気持ちを伝えるためにもできるだけ早く出産祝いをプレゼントしたいものです。
即日発送することが可能なラグーンのおむつケーキなら急にプレゼントを贈る必要に迫られたときでも、慌てることなくおしゃれで可愛いギフトに気持ちを込めることができます。